乳首黒ずみケアに黒ずみの原因と解消を考える

乳首の黒ずみ原因について

乳首が黒ずんでなやんでいるひとは、実は結構多いです。黒ずみの原因としては、紫外線や外的刺激から真皮を守るために体内で生成されるメラニンが、色素沈着を起こしてしまうためです。実はデリケートな場所ほど黒ずんでしまい、バストトップの場合は柔らかな先端を守るために色素沈着しやすくなるのです。メラニンが生成される理由は、加齢や妊娠出産によるホルモンのバランスの変化、授乳、アトピー性皮膚炎が考えられます。授乳は、乳頭を保護する目的もありますが、生まれたばかりの赤ちゃんは、目があまり見えていません。その赤ちゃんがおっぱいを見つけやすくするために黒くなると言われています。加齢は、お肌のターンオーバーが鈍るため、色素沈着は起こります。黒ずんでしまった乳頭は、美白成分の入ったクリームでケアをすることができます。メラニンの生成を抑えて、薄くする働きがありますが、より高い効果を得たい場合は、黒ずみ専用のクリームやピーリングジェルを使いましょう。ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トレチノイン酸が含まれた化粧品を使いましょう。また、美容整形でレーザー治療もできるので、乳首の黒ずみでなやんでいるひとは、美容整形を利用しましょう。

乳首の黒ずみを解消する方法

乳首の黒ずみを解消する方法には、以下のような物があります。
一つ目は、「化粧品でのケア」。
現在は、多くのケア商品が売られています。
リーズナブルな価格の物も多く、最も手軽な方法です。
とりあえず、大手のメーカーが出している物を使うのが無難ですが、慎重に選びたければ、口コミなどを参考にしてください。
ただし、手軽な分、効果が感じられにくいのが難点です。
二つ目は、「美白クリームを使う」。
これは、皮膚科に行くと処方してもらえます。
市販の化粧品よりは効果が高いのですが、一つ注意すべき点があります。
皮膚科で処方される美白クリームには、「ハイドロキノン」という美白成分が入っているのですが、これは5%以上の濃度だとがんを誘発するおそれがあることが報告されています。
たいていの皮膚科では4%以下の物を処方しているので、過度に心配する必要はありませんが、副作用があるということは頭に入れておいたほうがよいでしょう。
三つ目は、「レーザートーニング」。
これは、皮膚科やクリニックで行えるレーザー治療です。
施術には5分ほどしかかからず、入浴制限などもありませんが、「何回か通院する必要がある」「費用が高い(1回につき約2万円)」というのが難点です。